subconscient*

photograph dialy
<< SNOW CRYSTAL MUSEUM | main | 紫陽花に潤って >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    茅葺合掌造りの村、白川郷
    0

      バスを降りると心配していたとおりの小雨。

      でも先日からの雪で屋根のてっぺんまで到達しそうなぐらいに積もって

      関西では考えられない雪景色が待っていた。

      今日のお宿は合掌造りの幸エ門さん。

      いろりとランプがわたしの知らない昔のたたずまい。

      荷物を置いて、今も生活が営まれている和田家を見学。

      窓から見える景色と光の映り込をずっと見ていたくなる。

       

       

      夜ご飯後は夜間特別公開、民家園のライトアップへ。

      雨も本格的になってきて、雨のボケが雪以上にまあるくなって

      より一層、幻想的になった。

      翌日はアサカツ!前日に観光客で大渋滞だったであい橋も

      早朝7時には誰もいなくてワクワクした。

      今日は雨ではなく雪。

      今と昔をつなぐ橋。

      昨日は人だかりでそんな風情を微塵も感じさせなかったけど。

      この時間は本当に素敵な贈り物。

      昨日、展望台に行くバスも長蛇の列だったので朝一番のバスに乗る。

      それでも社内はぎゅうぎゅう詰め。

      バスを降りたらわたしのcanonが寒さの為か制御不能になり、

      目測でシャッターをきるしかなかった。

      視界不良、カメラ不良でわたしのバッテリーも固まるなかの町歩き。

      南天の横に咲いてた実、なんだろう?

      雪で凍ってるようで寒そうだけど可愛かった。

      お昼ご飯代りに「落人」さんへ。

      ぜんざい食べ放題、たくさん店内にある珈琲カップを選んで淹れていただいた

      珈琲は格別に美味しかった。

      店内も店主さんも素敵なお店。

      店主さんはであい橋でワンちゃんをお散歩させていたお父さんという。

      ぜんざいでほっこりしていたら、操作不能だったカメラとわたしの機嫌が戻り

      神田家へ。

      外は雪が轟轟降っていて、窓から入る雪が美しかった。

       

      ここは少し人も少なくいつものようにゴロゴロと(邪魔にならないように)

      写真を撮っていられる幸せ。

       

       

      帰る時間が近づく頃には雪が激しく降っていたけど

      このままこの景色に紛れていたくなる。

      村のあちこちでブルドーザーで雪かきをしている。

      観光客に溢れ、生活をしていくには大変だろうと思う。

      それでも茅葺の合掌造りの集落をずっと守っていただきたいなぁと

      勝手ながら思います。

       

       

      | konori | Photograph Diary | 17:55 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 17:55 | - | - |










        一番上へ