subconscient*

photograph dialy
<< 名もなき池からモザイクタイルミュージアム | main |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    幾星霜を経る
    0

      奈良県にある大台ケ原。

      新月のこの日の夜、駐車場にはすでにたくさんの車が止まっていました。

      三脚とカメラの人、大砲のような天体望遠鏡な人たち。

      駐車場でも十分綺麗な星を眺めれるけれども。

       

      ここからライトを照らしながらナイトハインキング。

      坂道とごつごつの石を登るという、なかなか私にはきつい道でした。

      石に足を取られて尻もちをついても、リュックが重すぎて起き上がれない笑えるビジュアル。

       

      そんなおもいをして到着すると道は開け最高の星空がありました。

      天の川も見れる!流れ星も!

       

       

      上は10℃、風もあり手もかじかむ。

      もっと先にも行けるけど、体力がないのでここで引き上げ

      駐車場に戻りました。

      駐車場からでも十分な星空です。

      写真を撮ることやめてもずっと星を見ていました。

      いつまでも見れる美しさです。

      星はロマンですね!笑

      ここまで連れてきてもらえたこと、この景色を見せてもらえたことが幸せです。

      | konori | Photograph Diary | 23:00 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:00 | - | - |










        一番上へ